ホーム > 患者さんからの声 > 2013年以前の『喜びの声』

『喜びの声』

Iさんからのおたより

ハートクリニックに初めて受診した時に1年以内に結果を出しましょう。最低でも3回の挑戦を頑張ってみてください。と言われたのが、今でも強く印象に残っています。1回目の体外受精がダメだった時、やっぱり1回ではダメなんだな~と改めて思いました。次に凍結胚移植を試みようとした時、融解しないという事態にかなりのショックを受けました。その後、結果を院長先生がていねいに説明してくださり、2回目は顕微授精を行うことになり「妊娠判定が陽性になっています。」と言われた時は、半信半疑で、心拍が確認され、産院へ紹介状を書いてもらった時、本当に妊娠したんだ~と、うれしさでいっぱいでした。妊娠中も毎日幸せな気分で生活できて、胎動を感じた日はお腹に赤ちゃんがいる実感をより感じ、さらに幸せな気持ちになりました。

無事に出産した現在は自分の子どもを持てた感動と感謝の気持ちでいっぱいです。 日々、成長していく我が子を毎日眺めながら、子育てを楽しんでいきたいと思います。

1年以内に結果を出しましょう、の言葉が現実になり、ハートクリニックの皆様のていねいな対応に感謝しています。ありがとうございました。

 

Aさんからのおたより

通院している時は本当にお世話になりました。一人目は自然妊娠で授かり、まさか私が不妊治療を経験するとは想像もしていませんでした。幸いにも1回目の体外受精で赤ちゃんを授かることができ、本当に良かったです。

それも皆さんのたくさんの支えがあり、頑張れたと思っています。本当に有難うございました。

不妊症にはなりたくなかったけれど、なって初めて知った事、気付いた事、治療をしている人の気持ちの事など私にはとても貴重な経験でありました。私はまだ軽い方で赤ちゃんを授かることもできたけど、治療の身体的、精神的辛さは経験しないと本当にわからなかっただろうなと思います。

Hさんからのおたより

毎日忙しくされていることと思いますが、お元気ですか。私達夫婦に第2子となる女の子が7月30日に生まれたことを報告致します。 偶然にも第1子と同じ誕生日となってしまいました。2人とも元気に育っています。 家族4人となって、また、希望していた男の子・女の子を授かることができて、子どもたちの寝顔を見ながら、今、本当に幸せな日々を過ごしています。

「自然妊娠は無理です」と衝撃の宣告を受けてからもう6年でしょうか。 当時は20代ということもあり、「まさか・・・」と半分笑いながら帰ったのを覚えています。 でも、2回、3回と回数を重ねるごとに「本当?」と半信半疑となり、30代になってからは絶望的な気持ちに変わっていました。

「人生のパートナーがいるだけでもいいんじゃないか」と励まされたりしましたが、無理と言われれば余計に欲しくなるのが私達の性格で、そんな気持ちのまま治療を続けていればどうなっていたのだろうと思います。

逆に良かったこともありました。 夫婦の絆が深まったこと、ますます子供が可愛く思えること、そして不妊の気持ちがわかるようになったこと・・・・。不妊でなければおそらく理解できなかった事ですから。諦めなくてよかった!頑張ってよかった!!。

「おめでとう」と言って下さった時、本当は先生と看護師さんに抱きついてヤッター!!と叫びたいくらい嬉しかったです。感謝の気持ちは言葉では言い表せませんが、私達の人生を変えてくださり、ありがとうございます。これからは、この大切な宝物たちに生まれてきてよかったと思われる様に、2人で頑張っていきたいと思います。。

Oさんからのおたより

こんにちは。お久しぶりです。今年も節分がすぎ、カレンダーも次々とめくられて月日が経つのが早いですね。私はちょうど1年前の節分の日に妊娠を判定する日でしたので、あれから1年が経つのかと、しみじみとしています。

ハートのパンフレットには「1年で妊娠」という言葉があり、治療のスピードも関係していますが、半信半疑でした。が、ハートの玄関を入ってから、1年以内に2回の体外受精をし、みごとに赤ちゃんができたことは私達夫婦と両親も大喜び、赤ちゃんパワーの大きさを感じています。

ハートの良いところは、すばらしいチームワークでサポートしてくださっているところだと感じます。私の場合、子宮内膜症の為、診察で痛みもあり、注射での痛み、とにかく痛いことだらけ。(出産も痛いし、おっぱいマッサージも痛い。お産とは痛いことだらけですが)看護師さん、先生のあたたかい雰囲気がとてもよかったと思います。

辛口なクレームを言わせていただいたこともありますが(治療中は気が張り、神経質になりすみません)すぐに改善してくださったり、アンケートでも取り組まれているのがよく分かり、すばらしい病院であったと思います。

その空間であったからこそ赤ちゃんができたのではないかと思っています。初めは面食らった所もありますが、楽しさ、かわいさ、大変さを24時営業中でみています。 ありがとうございました。

Kさんからのおたより

無事卒業を迎えることが出来ました。

人一倍臆病の私が前向きに治療を受けることが出来たのも、一重に看護師さんのいつも変わらない温かい言葉がけ、的確な指示、励ましがあったおかげです。 本当にありがとうございました。

これからも子供を授かった喜びと不安の日々が出産するまで続くと思いますが、またいいご報告が出来たらと思っています。 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました。

Nさんのご主人様からのおたより

双子の男の子が生まれました。

いつも読んでいる新聞を読んでいて,新聞の「この人」の欄に高橋先生の記事が掲載されていました。あの記事を読んでいなかったら,子宝に恵まれなかったと思います。結婚後,子どもが出来ず,4年経ってから,HARTクリニックに行ってみようと2人で決めました。行く前は費用のことが心配でした。お金の続く限り、がんばってみようと思っていました。

1回目がダメになった時はショックでしたが,待合室に貼ってあったポスターに「あなたも父親になれる」と書かれてあるのを見てがんばろうと思いました。そして,2回目で成功(妊娠)しました。妻から電話があり,成功(妊娠)したと聞いたときは本当に嬉しかったです。悩み苦しんでいる人達を救うという先生方のお仕事は,本当にすごいと思います。先生方の研究と技術により,自分達夫婦も子どもに恵まれました。ありがとうございました。 これからも不妊で悩んでいる夫婦がHARTクリニックの研究と技術により,全ての夫婦が子宝に恵まれることをお祈り申し上げます。本当にありがとうございました。

Aさんからのおたより

早産でしたが,無事,女の子を出産することができました。

一生に一度でいいから子どもを産んでみたいという願いが,先生のおかげで叶うことができました。結婚して6年間,いろんなことがあり,もう子どもは諦めないといけないかなと自分に言い聞かせ,これが最後の挑戦になるかなと思っていたことを思い出します。それが今では,わが子を抱くことができ,お乳を吸わせ,横には主人がテレビを見ているという時間があることがすごく幸せです。

この不妊という壁を二人で乗り越え,夫婦の絆を強め,家族になった気がします。主人とよく話をするのですが,今のこの医学の進んでいる時でよかったねって。先生,世の中には,私達のように不妊で悩む夫婦がたくさんいますよね。私達夫婦をはじめ,そんな人たちのために,これからも体に気をつけてがんばってください。不妊治療が少しでも進んでいくことを期待し、応援しています。本当にありがとうございました。

Kさんからのおたより

無事,双子の女の子を出産しました!

私がHARTに行くきっかけになったのは,友人の紹介でした。以前からHARTの事は聞いていたので,私にとって体外受精は最後の手段と考えていました。まさか自分がすることになるとは思ってもいませんでした。

他院での2年間の治療に通っていて,原因も解らないまま言われるままにタイミング法や人工授精を行っていました。治療の前後に十分な説明がなく,流れ作業的な治療に,次第に病院や医師に対する不信感が高まり,通うのをやめてしまったのですが,今思うと,不妊治療のことを何も勉強していなかった私も悪かったと思っています。

HARTに通うようになって,いろいろ先生から説明を受け,自分なりにも本などを読んで勉強したので,本当に納得して治療に専念できました。私が妊娠し,無事,出産できたのもHARTの皆様や紹介してくれた友人のおかげだと思い,本当に感謝しています。ありがとうございました。

Wさんからのおたより

昨年,無事,双子を出産いたしました。2人とも順調に育ってくれていて,ハイハイや掴まり立ちと目が離せなくなり,忙しい日々を送っています。

長男を出産してから,初めての育児に大変な思いをしてきましたので,双子だから2倍になるのかとすごく心配したりもしましたが、全くそんなことはなく,「育児=つらい」思いから,双子の出産で初めて「育児=喜び」を味わうことができ,本当に二人目にチャレンジしてよかったと心から思います。挫折せずにチャレンジし続けて本当によかったと心から思います。

私の人生の中には「不妊治療」は予定に入ってなかったのですが,あえて経験したことでより多くの人の痛みや「子」を授かることの難しさ,それをサポートしてくださる皆様方に出会えたことがこれからの人生にすごくプラスになっていくと思います。今現在、治療中の方々に何とか1日も早く「喜び」が来ることを願ってやみません。本当にありがとうございました。

Sさんからのおたより

通院中は大変お世話になりました。予定より早く元気な男の子を出産いたしました。

5年間不妊で悩み,いろんなものを試したり,子宝温泉,神社に行ったり,病院を転々としましたが,妊娠には到らず,ストレスを感じたり,ノイローゼっぽくなった時もありました。でもどうしても子どもを欲しいという気持ちは消えず,そんな時HARTクリニックの門を叩き,先生の“ここで出来なければ,どこへ行ってもできないよ”の言葉を信じて夫婦で“もう、ここでできなかったら,あきらめよう”と決めていました。

1回の治療で妊娠が分かったときは,本当に夢のようでした。妊娠中は何のトラブルもなく順調で,出産した今では,不妊で悩んでいたことがうそのようで,苦労した分,子どもへも優しくおおらかに受け止めてあげられ,夫婦協力して育児に奮闘しております。子どもって本当に宝物だなぁと実感しています。これも,HARTクリニックの先生,スタッフの方々のおかげだと,とても感謝しております。本当にありがとうございました。

Kさんからのおたより

春が待ち遠しい今日この頃ですが、皆様お変わりございませんか。

娘が生まれたばかりの頃は「あの卵が…」と毎日不思議な気持ちでしたが,必死におっぱいを吸う姿は本当に素晴らしいですね。頑張って良かった!といつも思います。治療期間が長かったせいか,自分で気付かないうちに色々な思いを溜め込んでいたようで,カウンセリングを受けていた期間が治療中最も辛かったように思います。けれども,そのおかげで少しずつですが,気持ちの整理もでき,消化できましたので,その後の治療は一回ずつ納得して受けることができました。

私が妊娠・出産したことは周囲に影響が大きく,想像以上のものでした。本当に多くの人が祝福して下さいましたし,お互いの両親や兄弟の喜んでくれる姿を見ていると正直なところ“ホッ”としました。でも,友人の中には“治療”について悩み始めてたり,治療を再開したりで辛い思いを復活させてしまった人もいます。 ホルモン値や,実際に採卵し目で見た結果で現実を知らされても,それをその時その時でどう受入れ,その後をどうするのか。夫婦で話をしても,その時の感情で結論は出ていても,時が経てばまた違う感情が出てきました。「しんどければ,もう治療をしなくていい」と言われると,“じゃあ,しんどくなければ続けた方がいいの?”と思いましたし,卵が採れなかった時は「もう無理だね」と話していても,次に採れれば、“もしかしたら…”と。「少し休んでみたら」と言われても焦りからくる不安は解消できず,リフレッシュさせることはできませんでした。他の病気とは違い,“ここを治す”というのではなく,“今の状況からなし得る全て”というのが生殖医療なのだということを,ハートクリニックに通いながら実感いたしました。難しい現状を抱えている患者の為に最良の技術を提供するべく研究されておられることも,2年間の治療でよくわかりました。不妊治療を取り巻く環境は随分変化してきて,私が始めた頃に比べると,格段に受け易くなってきているように思います。特に高度生殖医療に関しては,“最後に叩く門”から“最初に”と考える人も多くなってきました。晩婚化もそうでしょうが,“卵の老化”がメディアや情報誌で頻繁に取り上げられるからだと思います。子供が欲しいけど痛い検査がイヤだとか,生理周期で検査すると時間がかかりすぎるとか。

体外受精は早くて確実に子供を授かるひとつの手段だと思っている知り合いもいます。私のように色々試したけれどダメだった患者から、すぐに欲しいという患者に変わっていくかもしれませんね。ハートクリニックに通っている間に何人か友人が増えました。二人目が欲しい人,もう諦めた人,中には治療を諦めたら妊娠した人もいます。悩んでいる間はその友人達にも助けられました。同じ悩みを抱えていればこその励ましやアドバイスもあり,嬉しかったです。

“治療を受けなかったことも受けたことも後悔したくない”と思い通った2年間でしたが,おかげ様で“良い思い出”になるような気がしています。これからも一人でも多くの患者さんが我が子を抱けるよう,ご尽力下さい。皆様の御健康をお祈り申し上げます。本当にありがとうございました。